読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ介護士ブログ

専業主婦からの介護職復帰。辛い。

時が止まったように思えた年

私は高校生のとき祖母を引き取り、それを気に介護を母と一緒にし、介護の仕事に就きたいと思うようになりました(^ ^)


中学のはじめでイジメにあい、3年間ずーっと学校に行っていなく、中学の卒業式の時に父親が校長のまえで号泣したのです。父は泣くような人じゃなかったから、びっくりしました。


その申し訳無さから、専門卒業後はがむしゃらに23歳まで働いてきました。


父が末期の癌で最期入院した時に「お前はあたま悪いけど、素直な所が取り柄だから年寄りに可愛がられるよ、頑張って仕事続けろ」と言われ、その半月後、父は亡くなりました。


父は私を心配していたようです。


雪の時期で送迎で事故しないか、あいつは真面目だから雪がふったら絶対行かせるなとか。


知らなかったなぁ…


その3カ月後、祖母も亡くなりました( ; ; )


わたしは介護士として働く意味がなくなったように思えました。


父、祖母が亡くなった2年後に5年お世話になったデイサービスを退職。


その間に介護辞めようとか考えたことも何回もありました。


でも結局は好きだからね…


色々転々とし、今になります。


旦那とも職場で出会いました(^ ^)


辞めないで良かった、と思う。


続けていたから、旦那とも会えたし、すごく素敵な仕事仲間にも出会えた!


お父の言った通り、わたし今でも頑張ってるよ!!


辞めてやるって何回も思ってるけど、結局は辞められないんだよね。